インプラント治療

歯を失った時に選択する方法の1つとして、インプラントがあります。
ただ、インプラントは歯を失った方であれば誰にでも適応できるわけではありません。
骨がない、全身疾患がある、喫煙等により、インプラントにしたくてもできない場合もあります。
インプラント治療を安全・確実に行なっていくため、そしてインプラントを長持ちさせるためには、お口全体の包括的な治療が大変重要になります。
そのためには、細かいお口全体の診査が必要です。

当院では、CTによる細部の詳細な骨の状態を診査し、インプラントが可能かどうか、しっかりと長持ちできる状態であるかどうかを診断していきます。

また、インプラントをしたからもう終わりというわけではありません。
他の治療と変わりなく、インプラント治療もその後のケアが大変重要ですし、インプラント治療を開始するには、他の悪い歯の治療も必要になります。
当院では、インプラントのみという限局したインプラント治療は行なっておりません。

お口の中にバイ菌がたくさんいる状態では、インプラントはすぐに悪くなってしまいます。インプラントを支える骨や歯肉がしっかりしていなければ、インプラントはもちません。インプラントに噛み合う歯、両隣の歯の状態を良くすることももちろんですが、全体的なお口の中の治療がインプラント治療を行なうにあたって重要となります。