いつまでも自分の歯で美味しい食事をしたいと誰もが思っているのに
いつまでも楽しく会話をしたいと誰もが思っているのに
生まれもった美しい真珠のような歯でいたいと誰もが思っているのに
なぜ虫歯になってしまうのでしょう
なぜ歯周病になってしまうのでしょう

虫歯はできて当たり前だと思っていませんか?
できた虫歯は削って当たり前だと思っていませんか?
もう歳だから歯周病になって当たり前、入れ歯になって当たり前だと
思っていませんか?

歯科医師は虫歯を削ること、歯を抜くことだけが仕事ではありません。
できることなら削りたくないし、抜きたくないのです。
そうならないように、あるいは、もし仮に削ったり抜いたりしなくては
ならなくなったとしても、
その後は2度とそうならないようにするのが私の役目です。

虫歯や歯周病にならない理由を知りたくないですか?
もし治療が必要になってしまった場合、その歯に対するさまざまな
処置方法を知りたくないですか?

ここは、私が通うなら、私の家族が治療を受けるならこんな歯科医院を
形にしました。
是非一度、まずは、まゆみ歯科にご相談ください。

「世界標準」の滅菌システム

洗浄システムは高い洗浄力を持つミーレ社のMieleジェットウォッシャーを導入し、滅菌器はヨーロッパ基準最高峰のクラスBをクリアしたW&Hステリライゼーション社製のLisa(リサ)を導入しております。Lisaはヨーロッパ基準(EN13060)で最も厳しい基準をクリアしたクラスB規格の滅菌器で、クラスB規格の滅菌器とは「あらゆる種類の被滅菌物を安全に滅菌することができる」ものになります。

まゆみ歯科では、これらMieleジェットウォッシャーとクラスB滅菌器Lisaを併用することにより、衛生管理の徹底を行なっております。

現在、MieleジェットウォッシャーとLisaを併用している歯科医院は台東区で2医院のみです。
(2013年2月15日現在、メーカー調べ)

診療台について

まゆみ歯科で導入しているKavo社の診療台は、今までの衛生面での課題であったうがいする時の水や、歯を削る時にでる水のホース内の洗浄を可能にした診療台です。
これにより、診療台から出る水は常に清潔な状態が保たれています。

まゆみ歯科では院内感染の防止と、より良い歯科治療を行なうために衛生管理・滅菌の徹底をしております。

歯科医院や病院で使う治療の水が清潔だと思っていませんか?

歯科医院の診療台は、水道水を引いて患者様の口の中に水を噴射しますが、ホース内に常に水が滞留していますし、歯牙切削器の水噴射口から少量の水が逆流して診療台内に戻る場合もあるという機能上、10年ほど前から水質汚染が懸念されていました。

『毎日新聞』2001年6月23日記事より

実は案外知られていないことだが、病院で使われている治療水が雑菌だらけという驚くべき調査結果がある。病院と言っても歯科医院の場合、治療に使う水が細菌で汚染されている。このことが日本のある大学助教授の調査で明らかになり、衝撃を与えた事実もある。「歯科医が歯を削ったり洗浄したりする際に使う水に含まれる非病原性の細菌数は、アメリカ歯科医師会(ADA)が堆奨する細菌数に比べ、約100から2500倍になっていることが東京医科歯科大学大学院の荒木孝二助教授らの調査で23日までに分かった。免疫に異常がある人に影響が出る可能性も指摘されている」(『毎日新聞』2001年6月23日)

といった問題があり、まゆみ歯科ではこれらの問題を解消できるKavo社の診療台を導入しております。

まゆみ歯科についてご覧ください

  • 院内・設備紹介

    まゆみ歯科の院内・設備紹介のページです。衛生管理の徹底とCTスキャンの導入、カウンセリングルームの設置により、より安心で安全な歯科治療を行なうことをモットーにしています。

  • スタッフ・ドクター紹介

    まゆみ歯科のスタッフ・歯科医師の紹介ページです。女性歯科医師の歯科医院ですので、女性ならではのやさしい歯科治療をご提供致します。

  • アクセス/ 診療時間

    まゆみ歯科のアクセス・診療時間のページです。当院は田原町、浅草、蔵前、新御徒町駅からも通院しやすく、日曜日は第1、3、5日曜に診療を行なっております。

  • スタッフ募集

    まゆみ歯科では、一緒にこの浅草で地域社会に貢献してくれる方を募集しております。

診療カレンダー

お知らせ


臨時休診のお知らせ
11月17日(土)、18日(日)は学会出張のため休診いたします。代わりに、11月3日(土)、11月11日(日)に診療致します。


まゆみ歯科がドクターズファイルに取材されました!院長のインタビュー記事は下記のリンクよりご覧ください。
⇒ 院長のインタビュー記事はこちらをクリック!